「MDR-CD900ST」の後継機として登場した「MDR-M1ST」
プロ向けの機材として発売した「MDR-CD900ST」でしたがあまりの人気に通常一般向けには販売しないところ、特別に一般販売を開始したというエピソードがあるヘッドホンで、その後継機となれば期待がかかるのは当然と言えます。

そんな「MDR-M1ST」は期待を裏切らないまさに現代にマッチした新世代のモニターヘッドホンと言えるモノになっています!
ソニーストア銀座にて先行展示されていましたので実際に聞いてきました!

見た目はまさにプロ向け!と言わんばかりの無骨さ。
でも良いんです、これがプロ向け機材ってことなんですから。

とはいっても「MDR-M1ST」「MDR-CD900ST」より現代向け、というか今どきな感じになっています。

左 MDR-M1ST 右 MDR-CD900ST

ヘッドバンドの部分のクッションが「MDR-CD900ST」に比べて厚くなっていて、つけ心地もがかなり良いです!

「MDR-CD900ST」では長時間つけていると痛みを感じることもありましたが、「MDR-M1ST」ではそういった心配もなさそうです。

MDR-M1ST

MDR-CD900ST

スライダーの部分も太く、より丈夫な作りに変わっています。操作感も実際に調整してみましたが、合わせやすくとても良かったです

手前 : MDR-M1ST 奥 : MDR-CD900ST

イヤーパッドの厚みも変わっていますね!

「MDR-M1ST」の方が「MDR-CD900ST」に比べて深みもあり、反発力も適度にある作りになっているのでハウジング部分が耳に直接あたり痛みを感じたりすることもありませんでした。
長時間つけていると結構気になるんですよね。こういうところ。

リケーブルできるようになったのも嬉しいところですね!

ねじ込み式ですので引っ張っても抜けないような作りになっています。

リケーブルが気軽にできる!!!....でも、個人的には「リケーブルして遊ぶ」みたいなことをするのはこの「MDR-M1ST」などのスタジオ向けモニターヘッドホンではするべきではないと考えています。
何故かと言うとこのヘッドホンはリファレンス、新しい基準点となるヘッドホンなんです。これまで「MDR-CD900ST」でもいつだってこのヘッドホンの音が音楽制作シーンの中心でした。
それがリケーブルによって音が変わってしまったらどうなりますか?それは基準がズレる、つまり作り手の意図せずものに変えてしまう、そういうことだと思うんです。
この脱着式のリケーブルシステムはあくまでも用意に断線時に修理ができるようになるため、であり好みに近づけるためのリケーブルのためではない。そう考えています。

作り手の感じた原音。それをそのまま楽しめるのがこのヘッドホンの一番のメリットであり、唯一無二のモノだと思っています。
ヘッドホンとしては、例外的ではあると思うのですが、このヘッドホンはぜひカスタマイズしたりせずにそのままで楽しむのが一番ではないでしょうか?

聞いてみた

「MDR-CD900ST」に比べまず感じたのは解像度の向上具合です。
「MDR-CD900ST」はCD世代ということもあってなめらかで柔らかい音の判別はつきやすかったのですが、近代的ないわゆる「打ち込み系」のサウンドの評価がし辛いことろがあるな、と感じていました。

ですが「MDR-M1ST」高い解像度とどの領域もフルフラットで音の一つ一つがわかりやすいまさにモニターヘッドホンにふさわしい音質で正確にメインのサウンドの裏でどんな音がどのタイミングで鳴っているのかわかるのを感じました。

「MDR-CD900ST」の弱点の一つに低音域少し弱い部分があったのですが、その点も低音域の見通しが良くなり空間的な表現力も確実に増している印象です。
装着感から感じるビルドクオリティも着実にアップしていて、いい意味で「MDR-CD900ST」にあった「業務用」感がなくなりモノとしての快適性も格段に向上していると思います!

モニターヘッドホン
MDR-M1ST
ソニーストア価格 31,500 円+税
ソニーストア価格 18,000円+税
ソニーストア価格 24,000 円+税

 

My Sony ID 新規登録でソニーストア10%OFF+電子書籍90%OFFクーポン

SONY公式ストアで利用できる便利なアカウント「My Sony ID」に登録してみませんか?
製品登録して商品情報の管理や、お得なキャンペーンのお知らせや、クーポンを管理したりすることができます。

更に今なら希望者全員にソニーストアの割引クーポンをプレゼントこの機会に登録してみては?

おすすめの記事