ココ最近トレンドとなっている言葉の一つ "「Vlog」"

元々はビデオブログの略で「Vlog」といい、日記を動画で残すモノなどを指しますが今現在では様々な種類の「Vlog」が存在します

「本格的にカメラを新しく購入してVlogに挑戦しようと思っているけど、何を買ったらいいのかわからない!」という方がたくさんいらっしゃると思います。

そんな迷える「Vlog」や「Youtube」初心者のためにオススメのカメラをまとめてみました!

どんな「Vlog」を撮ろうかな?

"「Vlog」にはこのカメラがオススメです!"とはきっぱり言うことは実はできません。

なぜかというと「Vlog」には様々な種類があってそれぞれのスタイルによって向いている機材が変わってくるからなんです。

「Vlog」の種類には大きく分けると5ジャンルに分類できます。

  • 「デイリー」
  • 「旅」
  • 「ライフスタイル」
  • 「子育て」
  • 「レビュー」

そして各ジャンルの中で更に動画の雰囲気、方向性によって

  • 日記系(ブログ系)
  • 作品系

に分かれているんです。

人気のYotuberが全てこのジャンルに沿って動画を作っているわけではないのですが、動画内で上手く使い分けています。

作品的でオシャレな導入部分から入り、日常系の自撮りパート....など効果的な使い方をしている動画も多いです。

「小さくどこでも回せるカメラ」は日記系の動画に向いており、

「大きなボケと高画質のカメラ」は作品系の動画に向いていると言えます。

小さくてどこでも回せるカメラ

カメラを常に持ち歩く「日常」や「旅行」などのシチュエーションではカメラのサイズは重要です。

どこでも動画を回せて汎用性の効くサイバーショット「RX100シリーズ」や「RX0シリーズ」であれば小型サイズながら4K動画が簡単に撮れます!

中でもオススメなのは最新モデルの「RX100Ⅶ」です!

RX100シリーズの中で唯一動画中のリアルタイム瞳AF、外部入力マイク端子に対応しており、小型でありながら質の高い動画が撮影できるVlog用のカメラと言えます。

24mm~200mmまでのズームが可能なので自撮り時は広角で、印象的な撮影をしたい場合は望遠...といった感じで汎用性も高く、更に960fpsのスローモーション撮影も可能です。

もう一つのオススメカメラが「RX0II」です!

「RX0II」は防水防塵耐衝撃のサイバーショット。

言うならば"アクションカメラとコンデジのいいとこ取り"をしたカメラです。

スポーツシーンなどにも対応した強力な電子手ブレ補正を備え、手の中に収まるサイズながらも1インチの大型センサーと自撮りやローポジションでの撮影にも対応した上方向約180度、下方向約90度のチルト機能が魅力。

タイムラプス機能や960fpsスローモーションにも対応しており小型のボディながら他サイバーショットシリーズと遜色ない性能を備えています。

大きなボケと高画質のカメラ

もっとオシャレに、もっとシネマティックに動画をプロデュースしたい方には一眼ミラーレスカメラシリーズ「α」がオススメです!

一眼カメラで動画撮影を始めてみたいあなたにオススメのカメラはボディ内手ブレ補正搭載のAPS-Cセンサー搭載一眼ミラーレスカメラ「α6600」です!

なんといっても一眼カメラのイイところはレンズが交換できることです。

シチュエーションに応じたレンズを切り替えすることによってより撮影者の考える撮影が簡単にできます。

センサーサイズが大きいことによってキレイで自然なボケを出せるのが特徴でより「シネマティック」な動画作りに適しているんです。

「α6600」は動画中でもリアルタイム瞳AFが使え、自撮りする時でもピントを外しません。瞳の左右切り替えも可能です

外部マイクが接続できるのはもちろん、イヤホン端子も備えているので集音時に正確なモニタリングが可能となっています。

左 α6400 右 α6600

同じくAPS-Cシリーズのミラーレスカメラである「α6400」もオススメです!

「α6400」と「α6600」の大きな違いは"「ボディ内手ブレ補正」を搭載しているかいないか"

三脚等を利用してブレが全くない状態での動画撮影であれば「α6400」と「α6600」の性能差はそれほど大きくありません。
あるとすれば「α6400」は動画撮影時の瞳AFには対応していませんが...

ですが歩いていたり動きながらの動画撮影時には非常に大きな性能差となります。


左: α6400 右: α6600

オススメアクセサリー

まさにVlog撮影にもってこいのアクセサリーと言えるシューティンググリップ!

ローポジションや縦位置での撮影が簡単にできます。動画撮影となると長時間キープする必要性が出てきたりするのでシューティンググリップがあるとかなり楽に撮影ができますね

さらにシューティンググリップはミニ三脚としても使うことができるのでカメラを持ち歩いて撮影したすぐあとでもそのまま足を広げて固定カメラでの撮影ができます。

最後に

私の一番のオススメカメラは「α6600」です。
せっかく動画を撮るな一眼ミラーレスが一番おもしろいと思っています。

動画制作に限ったことじゃありませんがなんでもまず、やってみてみることが大事です!

スマホがあれば簡単に誰でも動画が撮れる時代ですし、最低限の機材は誰でも持っているんです。
なのでまずはスマホでもなんでも撮って、動画にしてみる。ということが重要だと思ってます。

シューティンググリップは本当に便利で使うだけで見栄えがガラッと変わりますし本格撮影には必須アイテムと言えるモノなのでカメラ本体と一緒に購入することを強くオススメします!

デジタルスチルカメラ
RX100VII(DSC-RX100M7)
ソニーストア価格 145,000 円+税

My Sony ID登録特典 優待クーポンで10%OFF

長期保証サービス 三年ベーシック(無料)

分割手数料無料 24回

残価設定クレジット手数料無料

提携カード決済で3%OFF

デジタルスチルカメラ
RX0 II
ソニーストア価格 84,880円+税
キャッシュバック金額 10,000円

My Sony ID登録特典 優待クーポンで10%OFF

長期保証サービス 三年ベーシック(無料)

分割手数料無料 24回

残価設定クレジット手数料無料

提携カード決済で3%OFF

デジタル一眼カメラ α6400
ILCE-6400

ブラック/シルバー

ソニーストア価格 

    • 本体のみ           109,880 円+税 10,000円キャッシュバック!
    • パワーズームレンズキット   119,880 円 +税 10,000円キャッシュバック!
    • ダブルズームレンズキット   139,880 円 + 税   15,000円キャッシュバック!
    • 高倍率ズームレンズキット   149,880 円 + 税   15,000円キャッシュバック!

 

ワイヤレスリモートコマンダー機能付シューティンググリップ
GP-VPT2BT
ソニーストア価格 11,728 円+税 2020年01月31日頃お届け
My Sony ID 新規登録でソニーストア10%OFF+電子書籍90%OFFクーポン

SONY公式ストアで利用できる便利なアカウント「My Sony ID」に登録してみませんか?
製品登録して商品情報の管理や、お得なキャンペーンのお知らせや、クーポンを管理したりすることができます。

更に今なら希望者全員にソニーストアの割引クーポンをプレゼントこの機会に登録してみては?

おすすめの記事