Read Article

サイバーショット® 『DSC-HX99』、『DSC-WX800』、『DSC-WX700』新登場!

ソニーは世界最小のボディに24-720mmの高倍率ズームレンズを搭載し、一台で広角から超望遠までをカバーするデジタルスチルカメラ サイバーショット®『DSC-HX99』と『DSC-WX800』、『DSC-WX700』の3機種を発売しました。(DSC-WX700はソニーストア限定)

3機種は、画素加算のない全画素読み出しによる高解像4K(QFHD:3840×2160)動画の本体内記録に加え、最新の画像処理エンジンBIONZ X®とフロントエンドLSIの組み合わせにより、最大10コマ/秒(連続撮影可能枚数最大155枚)の高速連写性能と、高速・高精度なファストインテリジェントAFを実現しています。また、瞳AF機能をはじめ、RAW形式での記録やタッチフォーカスとタッチシャッター、180°チルト液晶、Bluetooth®経由での位置情報取得にも対応します。旅先から日常まで、携行して軽快に撮影を楽しみたい方に最適なモデルです。

モデルの違いはココです

HX99のみに搭載されている機能

・RAW記録
・ポップアップ式の内蔵EVF(OLED。約63万ドット)
・コントロールリング
・前面グリップ

WX800とWX700の違い

・タッチパネル機能

遠くの被写体に大きく迫れる、24-720mm(*)高倍率ズームレンズ搭載/1440mm(*)全画素超解像ズーム

コンパクトなボディに、24-720mmズーム(*)を搭載。広角24mmから望遠720mmまでの幅広い撮影領域を実現しました。風景をワイドに撮ったり、遠くの被写体をズームアップしたりすることができます。さらに、全画素超解像ズームを使用すれば、1440mm(*)まで解像感を保ったまま被写体を拡大可能。静止画だけでなく動画にも使用でき、撮影表現の幅が広がります。

被写体をすばやく見つけ出せるズームアシスト

ズーム中にカスタムキーを押すだけで自動でズームアウトできるので、被写体をすばやく見つけられます。フレーミングし直したあとにカスタムキーを離せば、再び元の焦点距離まで自動でズームします。望遠で動く被写体を撮影するときも簡単にフレーミングができるので、決定的な瞬間を逃しません。

ポートレート撮影にぴったりな瞳AF機能

瞳を検出してオートフォーカスする瞳AF機能を搭載。被写体がうつむいている状態や、逆光で顔が暗いシーンでも、瞬時に瞳を検出することが可能です。

自分撮りも快適にできる、180度可動式液晶モニター

アングルやポジションの自由度を高める可動式の液晶モニターを搭載。上方向で約180度まで角度調整ができるので、自分で構図を確認しながらセルフポートレートを撮影したり、旅先で友人との記念撮影をしたりと、幅広い写真の楽しみ方を可能にします。

ワンタッチで写真や動画を転送できる、かんたん「ワンタッチシェアリング」

NFC対応のスマートフォンやタブレットにワンタッチするだけで、写真や動画をかんたんに転送できる「ワンタッチシェアリング」が可能。カメラと携帯端末それぞれに接続設定や操作をする必要がなく、ワンタッチですばやく転送できるため、SNSなどにアップロードして家族や友人と手軽にシェアできます。

予約開始時間

2018年10月31日(水)10時よりソニーストアにて先行予約販売開始予定

市場推定価格
『DSC-HX99』  60,000円前後
『DSC-WX800』  50,000円前後
『DSC-WX700』  48,000円前後

 

Return Top