昨日発表され話題となっている2020年モデルのBRAVIA

有機ELモデルには「A8H」と「A9S」の2モデルが登場しました!

「A8H」は前モデル「A8G」の後継モデルで19年モデルではフラグシップモデルに搭載されていた機能も備わっていたりと豪華になっています。

サイズラインナップは65/55インチとなっております。

そして大本命と言えるのがフラグシップモデルのみに与えられる【MasterSeries】の名を与えられながらも日本の家庭にピッタリの48インチサイズの有機ELテレビ「A9S」です。

サイズが小さい分価格も「Master Series」としてはかなり控えめで230,000 円+税とかなり身近になりました。

比較表

 

モデル名
A8G
(19年モデル)
BS4Kチューナー
画面サイズ
65/55v
48v
65/55v
画素数
HDR
高画質プロセッサー
画質

高速
音質

実用最大出力(JEITA)30W

実用最大出力(JEITA)25W
実用最大出力(JEITA)40W
エンターテイメント
音声検索機能 Android TV ネット動画・テレビ番組 サクサク操作 Apple Air Play Chromecast built-in Googleアシスタント Works with Googleアシスタント WORKS WITH Alexa Apple HomeKit Netflix Calibrated Mode IMAX ENHANCED
音声検索機能 Android TV ネット動画・テレビ番組 サクサク操作 Apple Air Play Chromecast built-in Googleアシスタント Works with Googleアシスタント WORKS WITH Alexa Apple HomeKit Netflix Calibrated Mode IMAX ENHANCED
音声検索機能 Android TV  Apple Air Play Chromecast built-in Googleアシスタント Works with Googleアシスタント WORKS WITH Alexa 
価格
230,000 円+税 ~
170,000 円+税 ~
135,000 円+税

高画質

現実世界により近い深い黒や明るさを表現「有機ELパネル」

バックライトを使用しない自発光デバイスである有機ELパネルは、画素単位の細やかさで映像を制御。深みのある美しい黒と明るい輝きによるコントラストの差で奥行きのある表現を可能にします。また、有機ELパネルの広視野角の特性により、どこから見ても美しい映像を楽しめます。

高画質プロセッサー「X1 Ultimate」

従来の高画質プロセッサー「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」からリアルタイム処理能力が約2倍に。映像をより緻密に分析することが可能になり、さらに高精細で高コントラストな高画質を実現。あらゆるコンテンツを限りなく美しくします。

よりリアルな高コントラストを「HDRリマスター」

映像の中で、それぞれの被写体に応じてコントラストを向上させるオブジェクト型の映像処理を実現。さまざまな映像をHDR相当のコントラストにまでアップコンバートすることができ、白飛びや黒つぶれの少ない、明るい空の色合い、浮かぶ雲の立体感、花びらの質感など、まるで目の前にあるかのような表現を可能にしました。

明るく、鮮やかな新有機EL画質を実現。「ピクセル コントラスト ブースター」

ソニー独自の有機ELパネル制御技術により、あらゆるシーンの色表現を鮮やかに。画面全体が明るい映像や、画面の一部分だけが明るくなるようなシーンでも、忠実な色表現を可能にし、高コントラストな美しい映像を描き出します。

動きの速い映像を明るく、「なめらか」&「くっきり」と描き出す「X-Motion Clarity」

従来のテレビでは、ぼやけて見えてしまう動きの速い映像に対して、フレームごとに黒画を挿入(LEDバックライトの発光制御など)し、画面の明るさが暗くなりつつも残像感を低減させていました。ソニーの「X-Motion Clarity(エックス モーション クラリティー)」は、デバイスの発光をエリアごとに高精度な制御を行い、発光時間を最適化することで画面の明るさを保ったまま残像感を低減。動きの速いシーンでもくっきりとしたリアリティーのある映像表現を可能にします。

高音質

画面そのものから生まれるクリアな高音質「アコースティック サーフェス オーディオ」

画面そのものから音がでる「アコースティックサーフェス オーディオ」を搭載。(A8Hは30W A9Sは60W)
本体背面に配置したアクチュエーターが被写体の位置に合わせて画面を振動させることで音を出します。
スリムなデザインでありながらも画面全体がスピーカーで、その場にいるような空気感までも感じることができる映像体験を可能にします。

テレビ本体のスピーカーで3次元のリアルな立体音響を実現「ドルビーアトモス」対応

前後左右に加え、高さ方向の音表現も可能にする立体音響技術「ドルビーアトモス」に対応。
最新の音声処理システムにより、テレビ本体のスピーカーのみでかんたんに3次元の立体音響を体感できます。

ネット動画を楽しむ

AndroidTV搭載で様々なネット動画を快適に視聴

動画や音楽、ゲーム、ショッピングなど好きなアプリを自由に追加して楽しめるのが「Android TV(TM) アプリ」。4K高画質映像を配信しているアプリも豊富にそろっているので、4Kコンテンツを楽しめます。

IMAX Enhanced Netflix画質モードに対応

 

IMAXシアターの臨場感あふれる映像とサウンドをご家庭でお楽しみいただける「IMAX Enhanced」
ソニーとNetflixの協業により、クリエイターの意図を忠実に再現できるTVの画質設定を共同開発。「Netflix画質モード」に設定することで、お客様に最高の視聴体験をお届けします。

4K放送と楽しむ

4Kチューナー内蔵なので、高精細な新4K衛星放送をテレビ1台で満喫できます。また別売の外付けUSBハードディスクを4Kブラビアに接続することで、新4K衛星放送の裏番組録画が可能なので、新4K衛星放送で見たい番組が重なっても安心です。

録画

テレビ番組を見ながら裏番組が録画できる「外付けHDD裏番組録画」対応

別売のUSBハードディスクを対応のブラビアに接続するだけで、手軽にテレビ番組の録画が可能。ハイビジョン映像もそのままの画質で録画できます。また、視聴している番組をそのまま録画したり、ブラビアの電子番組表(EPG)からかんたんに録画予約したりできます。家族それぞれ専用のハードディスクを使用して、自分だけの番組コレクションを楽しめます。また新4K衛星放送も、放送を見ながら裏番組が録画ができるので、新4K衛星放送で見たい番組が重なっても安心です。またリモコンの「 Google アシスタント」ボタンを押して、「録画リスト」と話しかければ、録画した番組の一覧を表示できます。

スマートフォンを使って外出先から録画予約

ソニーのスマートフォン向けアプリVideo & TV SideViewを使えば、家の中でも、外出先からでも、思い立ったそのときに録画予約できます。アプリでは、番組表だけでなく予約ランキングも確認できるので、番組の選び方が広がります。

「外出先でもテレビが見れる!?」Video&TV SideView(ビデオ&ティービーサイドビュー) ブルーレイレコーダーやブラビアと合わせて使えるスマホアプリ!
「外出先でもテレビが見れる!?」Video&TV SideView(ビデオ&ティービーサイドビュー) ブルーレイレコーダーやブラビアと合わせて使えるスマホアプリ!
2020.3.19
「外出先から録画ができたらなぁ」とか「外出先でテレビが見れたらなぁ」とか思ったことありませんか? 実はスマホ一つでできちゃうアプリがあるんです! 今回は、ソニーのブルーレイレコーダーやテレビ(ブラビア)と組み合わせて使えるアプリ「Video&TV SideView」をご紹介します! サクッとこのアプ...

 

デザイン

映像への没入感を高めるデザイン

A8H

A9S

4K有機ELテレビ
A8Hシリーズ

ソニーストア価格 280,000 円+税~

ソニーストア価格 230,000 円+税
My Sony ID 新規登録でソニーストア10%OFF+電子書籍90%OFFクーポン

SONY公式ストアで利用できる便利なアカウント「My Sony ID」に登録してみませんか?
製品登録して商品情報の管理や、お得なキャンペーンのお知らせや、クーポンを管理したりすることができます。

更に今なら希望者全員にソニーストアの割引クーポンをプレゼントこの機会に登録してみては?

おすすめの記事