hires_728-90-1-2
Read Article

【新製品】もうすぐ発売のα6300まとめ

y_a6300_mainvisual_ft01
プレスリリースが発表されてから少し時間が経過しましたが、α6300を簡単にご紹介。

特徴その1
圧倒的に高精度なAF(オートフォーカス)性能

世界最多425点の像面位相差AFセンサー

もうイメージセンサーのほぼ全域、どこでもAFが効きます。動きの速い被写体に焦りながら撮るというストレスから解放されますね。y_a6300_AF_coverage

世界最速0.05秒の高速AF

実際にCP+で体感しましたが、もう本当に高速!猫まっしぐら!もう迷わない!

新開発「高密度AF追従テクノロジー」

これも実際にCP+で体感しました。SONYブースでは恒例の宙をクルクル回る鷲のフィギュア。追従性能のいいα6000でもよく見るとちょっと遅れて尾っぽのあたりをロックオンしていましたが、α6300は鷲の顔をバッチリロックオン!y_a6300_AF_tracking

AF追従高速連写時のライブビュー表示

α6300では連写モードLow、Mid、Hiの状態で連写すると、一眼レフカメラ同様に瞬間的にシャッターが下りたようなライブビュー表示が可能になっています。撮影する人にとっても動きの予測を脳がイメージしやすくて、被写体のフレームアウトを防ぎやすくなるようです。実際α6000とα6300で撮り比べてみましたが「確かに!」と納得。α6000だと被写体より早く動きすぎてフレームアウトしてしまうんですよね。
ちなみにα6300はHi+なるモードが追加。Hi+では1秒で11コマの連写が可能となっていますが、前述のシャッターライブビュー表示はされないです。α6000同様にカシャカシャカシャ、、と音だけなります。

特徴その2
最高ISO51200の高感度新CMOSセンサー

新開発APS-C CMOSセンサー

センサー内部の配線層を改良することによって光を取り込む面積が広まり、結果として高感度に。さらにデータの伝送速度が高速化されハイスピード撮影が可能に。

BIONZ Xを改良

新開発CMOSセンサーに合わせて画像処理エンジンBIONZ Xのプログラムを最適化したとのこと。そりゃ感度が上がったならエンジンの最適化は必須ですよね。

特徴その3
4K動画記録とプロ向けの多彩な動画機能

スーバー35mmフォーマットでの4K動画の本体内記録

シネマカメラユーザーが扱いなれたスーパー35mmフォーマットで4K動画を本体内記録可能に。SONYさん、4K撮影に本気です。
動画を扱うクリエイターの方はα7RⅡ、α7SⅡという選択肢に加えてα6300という選択肢が増え大興奮!
[su_quote cite=”店長の知人の動画クリエイター”]「えっ?!?!そんな金額でこのスペック!!衝撃!!即買いだね!!」[/su_quote]

動画撮影時のファストハイブリッドAFが進化

動画撮影時のAF。早すぎると扱いづらいかもしれませんが、遅いのは問題。α6300は現行機比2倍高速化されています。「とは言えガチな人はMFでしょ」と思う方もいらっしゃるかもしれないですが、さくっとAFで合わせて細かくMFで調整という使い方も多いので撮影のストレスは軽減されそう。

高ビットレートXAVC S採用

もう、これは触れなくていいでしょう。4K対応だし当然。

S-LOG3、S-LOG2ガンマ、Gamutに対応

[su_quote cite=”店長の知人の動画クリエイター”]「えっ?!?!そんな金額でこのスペック!!衝撃!!即買いだね!!」[/su_quote]と言わしめた犯人はこの機能でもあります。
映画や放送関係の方の制作現場では必須で、最近話題になっているカラーグレーディングという作業なんですが、動画ソースの一つ一つの調色等を撮影時に設定するのは一苦労ですし、質感がバラバラになりかねないので、編集段階で全体的な雰囲気を決めます。
業務用のカメラでは60万~くらいな金額がかかっていたのでそりゃ驚きます。動画撮影時のダイナミックレンジも広いですし。

特徴その4
堅牢で小型な本体

マグネシウム合金のボディ

軽量かつ高剛性。耐防塵・防滴。バッチリです。

ファインダーが進化

高フレームレート(120fps)で表示可能。より滑らかに表示されます。y_a6300_TruFinder

特徴その5
その他

サイレント撮影

えっ?!えええ~っっっ!!なんとサイレント撮影可能。7S登場時も衝撃でしたがα6300のてんこ盛り具合も衝撃です。結構ニーズあるんですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?さくっと説明するなればα6000より高速AFで高品位な4K動画撮影ができるのがα6300です。
一眼カメラで動画を撮影するニーズが高まっているタイミングで発表されたので、動画クリエイター系の方にとっては激震の新作。
APS-C CMOSセンサーでこれだけのクオリティで撮影できて、操作性もよくて、とにかく軽い。感動。
ただし、α6000も結構優れもので、価格も考えるとある種完成された製品でもあります。もちろんフルHDで十分クオリティの高い映像も撮れるし。なので、4K動画にもこだわりたいとお考えの方向けの製品ではあります。
でも、、やっぱりどうせなら4Kで動画も残したいですよね~。
[su_row][su_column size=”1/2″]

α6300(ボディのみ)

ILCE-6300_B
3/11(金)発売
ソニーストアで購入はこちら
ソニーストア価格 134,880円(税別)
長期保証サービス 3年ワイド(無料)
24回まで分割手数料0%
ご来店購入特典(My Sony ID発行)
AV商品10%OFFクーポンプレゼント
長期保証50%OFFクーポンプレゼント
[/su_column][su_column size=”1/2″]

α6300(ズームレンズキット)

ILCE-6300L_B
3/11(金)発売
ソニーストアで購入はこちら
ソニーストア価格 149,880円(税別)
長期保証サービス 3年ワイド(無料)
24回まで分割手数料0%
ご来店購入特典(My Sony ID発行)
AV商品10%OFFクーポンプレゼント
長期保証50%OFFクーポンプレゼント
[/su_column][/su_row]

Screenshotソニー 春のカメラキャッシュバックキャンペーン

超豪華だった2015年冬のキャッシュバックキャンペーンですが、また新たに春のキャッシュバックキャンペーンが開始されました。

Screenshotソニーストアならデジタル一眼カメラ・レンズは長期保証3年ワイド付

ソニーストアでは旅行やイベントなど外に持ち歩くことの多いデジタル一眼カメラ・レンズに、通常のメーカー保証1年に加えて、破損、水ぬれ、火災など、偶然の事故の際にも無料で保証を受けることができる保証を付属しています。

Screenshotαをお持ちの方はお得な「αフォトライフサポート」

ご加入いただくと3年間レンズ・セミナー・サポートサービスが特別価格でお求めいただけます。

Screenshot「残価設定クレジット」で月々の負担を少なく、気軽に購入

カメラ本体は常に最新の機種で使いたいという方に「超お得!超オススメ!」と進めたいのが「残価設定クレジット」

Screenshotウェブでお申し込みいただける「ソニーストアの下取サービス」

下取りサービスを使ってお得に買替!

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top